看護の日 |これを読めば貴方もスーパーヒーローに…?

エッセイ

 「大いなる力には、大いなる責任が伴う。」大人気、マーベル・コミックにおいて誕生した、我らがヒーロー『スパイダーマン』の根底に潜むテーマだ。彼は、両親を幼少期に亡くし、伯父夫婦に引き取られる。劇中、この言葉が聞かれるのは彼の伯父であるベンの口からだ。この場面は、映画にしろ漫画にしろ、作品に触れたことがある人にとっては、印象深い場面であろう。ピーター・パーカーという一人の少年がスパイダーマンという超人的なヒーローとしての力を得た後、はじめて世間に姿を露わにする。その直前の場面で、彼の父親代わりの伯父からかけられる言葉である。

 『スパイダーマン』とは、漢字で表す通り"蜘蛛男"だ。知らない人がこの響きを聞くと妖怪のような化け物が頭に浮かぶことだろう。だが心配御無用。彼を知れば、貴方も彼になりたいと憧れるようになるかもしれない。

Spider-Man | Netflix
After being chomped by a genetically altered spider, shy teen Peter Parker is endowed with amazing superpowers he'll need to battle the Green Goblin.


 いじめられっ子だが頭は優秀、そんな主人公が、遺伝子操作をされた特別な蜘蛛に刺されたことによって、自らも蜘蛛のような身体能力を得ることができた。得意な頭を使うことで蜘蛛の巣が出る機械を作り、いざスーパーヒーローに。対する悪役といえば、彼の大学の教授や同級生、憧れの博士たち。彼の敵は、彼のようにスーパーパワーを得た、彼の周りの秀才たちなのだ。しかし、誰しも悪役になろうとしてなるものか?誰に聞いても、答えはNOだろう。それは、きっとスパイダーマンの悪役たちに聞いても同じであろう。

スポンサーリンク


 私がスパイダーマンに現実味があると感じるのは、善良だと思っていた人が悪に成り下がるということだ。その多くは、人類に対して有益な研究を行っている最中にスーパーパワーに目覚める。これを本人としては、人様の為につなげようとパワーの使用を試み研究などに打ち込むが、研究に対して自己の感情や考えが入りすぎることによって、気づいたときには助けようとしていた人様を危険にさらしてしまっている。良いと思って取っていた行動が、相手の迷惑に繋がるのだ。スパイダーマンだって状況としては同じだ。だが、彼はパワーを利己的に使うことをぐっと堪え、スーパーヒーローとして敵は勿論、自らが化け物にならない様に自分と日々戦っているのだ。スパイダーマンは尊敬すべきだが、彼の悪役の気持ちも分からんでも無かろう。もしかすると、このようなことは私達にも起こりうることなのではないか?


 コロナウイルスが蔓延している。緊急事態宣言が緩和されたものの、東京・大阪を始めとする都市部を始め、感染者の拡大が確実に収まったとは言えない。しかし、外は満開であった桜は散り、青々と茂った草花に溢れた夏になろうとしている。本当に、最低な良い天気である。本当であれば海か、山か、プールか。それとも先ずは本屋にでも遊びに行きたいと感じることを今はじっと抑えることが求められる。感染していても症状が出なかったり、潜伏期間もあるそうだ。外に出れば自らが感染源に成りかねない。なんと、コロナパワーを得てしまったスーパーヒーローのお話のようだ。彼は地味であるが、家にいることで最大で最高のパワーを得れる。だが、人々のためを思って外に出れば、誰彼構わず甚大な被害が出る。コロナには、指輪、太陽、王冠という素晴らしい意味があるらしい。正に"大いなる力"である。「忘れるなよ。大いなる力には、大いなる責任を伴う。」映画でベン伯父さんが車から言葉を投げける様子が頭に浮かぶ。誰もが持っているかもしれない、この力を今は人々の事を思い、責任を持って使うべきなのかもしれない。

スポンサーリンク


 5月12日、今日は看護の日らしい。『看護覚え書』の著者フロレンス・ナイチンゲールの誕生日であり、国際ナースデーとされている。最前線で危険を顧みず戦っている人々がいる。素性不明の芸術家バンクシーは、彼の新たな作品をイギリスの病院に寄付したようだ。

覆面アーティストバンクシーがサウサンプトン総合病院に送った作品
https://banksy.co.uk/

 看護師をスーパーヒーローとして讃え、感謝の意を表現している。また、籠の中では次に遊ばれることを待つおもちゃの存在も描かれている。バットマンと我らがヒーロースパイダーマンだ。もしかすると、これは私達の事を描いているのかもしれない。籠から出られる日はいつか必ず来る。勇気を持ってその日を待とう。私達もスーパーヒーローだ。


 最後に家で過ごすお供とは何だが、バンクシーも勇気を振り絞り、新たに動き出すらしい。上記にも述べたとおり、素性不明のバンクシーが近々、素顔を明らかにするという。彼の作品と彼の素顔が気になる方は、書籍BANKSY CAPTUREDをおすすめしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました