【OnePlus 7T発表】これこそ求めていたもの。アメリカで10/18より6万5千円

どうもplus1life ガジェットフィット管理人のwriter1です。

本日OnePlus 7Tが発表されました。今回は発表前から公式Twitterで情報出しまくってましたが何か隠してますね。

スペック

OS Android 10
OxygenOS 10

ディスプレイ 6.55インチ
2400x1080(402 ppi)
20:9 90Hz

プロセッサー Qualcomm Snapdragon 855+
オクタコア
7nm
最大2.96GHz

RAM 8GB
ストレージ 128GB
カメラ 48MPメインセンサー、12MP望遠、16MP超ワイド
バッテリー 3800 mAh
ワープチャージ30T
30W急速充電

寸法 160.1 x 74.5 x 8.1 mm
重量 190グラム
カラバリ フロストシルバー
グレーシャーブルー

軽く付け加えると
毎度お馴染みIPレートの防水は無し、自社のテストで防水としています。
ワイヤレス充電もない。イヤホンジャック無し。
画面内指紋認証、ティアドロップノッチによるフロントカメラ顔認証なので7 Proのようにポップアップカメラはない。
OnePlus7 Proと近いアスペクト比ですが、よりコンパクトになり重量も200gをきり、持ちやすくなっています。
7Tは7と7Proの妥協点という感じでいいとこ取りの中間モデル。売りのディスプレイは90Hz,HDR10+、スナドラ855+

まとめると

フラグシップとして恥はないが、プレミアムスマートフォンのように特別感はない。

新しくなったパッケージ。洒落

7T Proは?

ONEPLUSは熱を冷まさないように起爆剤として限定モデル新カラバリを発売日をずらしたり突然発表したりするのでまだなにか隠しているでしょう。

イギリスでのローンチイベントは10/10 OnePlus7T seriesとなっているので…

前回初めてONEPLUS社は通常モデルとプロモデルと別けて7シリーズとしてリリースしました。
アメリカではOnePlus 7は発売されず7 Proのみで6Tを継続販売していましたが、それは7と6Tに大きな差がなく、コスパは7がよく6Tが売れなくなってしまうことを懸念したのでしょう。
6T発売から一年、マイナーチェンジで7Tの発売に乗り出しました。

おそらく

Proは発表されるでしょう。アメリカではまだ7 Proを売っていきたいのでリリースせずイギリスでリリース。

6Tを継続販売したように、7 Proが喰われないように別けていくのでしょうか。

ひとまず

今回の7T、プレミアム過ぎず妥協せず一番皆が求めているであろうモデルに仕上がりました。
OnePlus7Tは米国で10月18日599ドルで発売開始されます。

oneplus.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください